本当に効く薄毛予防の為のシャンプーとトリートメント方法

本当に効く薄毛予防の為のシャンプーとトリートメント方法

普段何気なく行っているシャンプーやトリートメントでは薄毛の予防は当然できません。

では、正しい薄毛予防のためのシャンプーとトリートメント方法はどうすれば良いのか?今回は通常では学べない本当に効く薄毛予防の為のシャンプ方法とトリートメント方法をご紹介します。

薄毛予防シャンプーとして推奨しているのはチャップアップです。

薄毛予防の為のシャンプー方法

  1. 髪の毛を十分の濡らす
  2. しっかり泡立てる
  3. 優しく洗う
  4. すすぎをしっかり
  5. タオルドライ

 

1・髪の毛を十分の濡らす

38度くらいのお湯で、約3分間洗い流して下さい。

最初の段階で、日常でついた汚れ・ホコリを落とします。

2・しっかり泡立てる

ワンプッシュ分のシャンプーを手のひら、もしくは後頭部から側頭部でよく泡立てます。泡が頭皮全体をしっかりと包み込むまでワンプッシュずつ追加し、泡立てていきます。

3・優しく洗う

1回目:髪の毛を中心に地肌からしっかり洗っていき一度流す。

2回目:1回目よりプッシュ数を増やし、地肌の汚れを取るように地肌中心に泡をつけ、そのまま1〜2分ほどおきます。その後十分に流す。

4・すすぎをしっかり

シャンプーが頭皮に残らないように、しっかりと洗い流します。洗い残しがあると抜け毛やフケ・痒みにつながります

5・タオルドライ

乾いたタオルで、頭皮と髪の毛を抑えるように優しく水分を拭き取ってください。その後は感想を防ぐためにも早めにドライヤーで髪の毛を乾かしましょう。

POINT
  • 「頭皮を動かす」イメージで
  • 洗う順番は下から上に、「襟足→後頭部→頭頂部やや後ろ→頭頂部」と洗って行くといいでしょう。

 

薄毛予防の為のトリートメント方法

  1. シャンプー後、軽く水気をきる
  2. 毛先からトリートメントをなじませる
  3. 軽く洗い流す
  4. タオルドライ

1・シャンプー後、軽く水気をきる

髪の束を軽く握り、水気をきります。トリートメントが薄まるの防ぐためです。

2・毛先からトリートメントをなじませる

適量(500円玉程度)を両手につけて、手のひら全体に広げます。耳の下から毛先にかけ、髪の束をなでるようにつけ2〜3分くらいおきます。頭皮につけないように注意し、軽く揉み込むようになじませるとより浸透します。

3・軽く洗い流す

髪をこすらないように、優しく洗い流します。すすぎはシャンプーよりも短めで十分です。

4・タオルドライ

乾いたタオルで、頭皮と髪の毛を抑えるように、優しく水分を拭き取って下さい。その後は、早めに髪の毛を乾かしましょう。

 

ダメージが気になる時は

  • トリートメントを髪全体になじませて、髪の毛全体をタオルで覆います
  • 5分くらいおいて洗い流すとトリートメントがしっかり浸透します
  • ヘアブラシ・コームなどで髪全体になじませるのも効果的

さらにヘアオイルも

  • タオルトライ後は、ヘアオイルをなじませてドライヤーで乾かすと、熱から髪を守りつつ、くせ毛やうねりを補修します。
  • さらに乾いた髪にも、ヘアオイルをコーティングすることで、水分の蒸発を防ぎ、紫外線など外的ストレスからも守り、滑らかなツヤ髪をキープできるのでオススメです。

 

チャップアップ公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です